スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人ホーム入居者が笑いヨガプログラムを受講した前後の比較について

2017.08.21
今回は、最新の笑いヨガに関する論文から紹介します。

オーストラリアのラ・トローブ大学の研究によると、6週間続けて週1回の笑いヨガのプログラムを行ったところ、プログラム受講前に比べてプログラム受講後には幸福度が向上し、気分が良くなり、収縮期血圧(高い方の血圧)が下がったそうです。

研究に参加したのは老人ホームに入居する年齢が61歳~96歳(平均年齢84歳)の28名(女性23名、男性5名)でした。
参加者は、第1週から第6週まで、週1回(合計6回)の笑いヨガプログラムを受講しました。
参加者は第1週、第3週、第6週のプログラムの前後に幸福度や気分がどれくらい良くなったのかを客観的に評価するための質問紙に回答し、血圧と心拍数を測定しました。

笑いヨガのプログラムは1回あたり30分で、みんなが輪になって座り、最初の10分は深呼吸とストレッチで、次の15分で笑いヨガを、最後の5分は深呼吸などのリラクゼーションを行いました。

笑いヨガの例として「Tapping body laugh」が紹介されていました。
「からだ叩き笑い?」というのでしょうか?
さらに詳しく説明が書いていました。
左手で右の肩から手首にかけてホホホハハハと5回軽くたたくそうです(あれ?1回掛け声が多い?)。
右手で左の肩から手首も同様にします。さらに脚も同じように右、左と軽くたたくそうです。動きを繰り返し、だんだん動きを早くするそうです。

結果は、
幸福度については、各回の受講前と比べて、受講後の幸福度がUpしていました。さらに、第1週の受講前と比べて第6週の受講後の幸福度もUpしていました。
ポジティブな気分についても幸福度と同じ傾向で、笑いヨガの受講前と比べて受講後でポジティブな気分がUpしました。
一方で、ネガティブな気分については受講前後でそれほど変化はみられませんでした。
血圧や心拍数については、受講前よりも受講後のほうが低くなる傾向がみられました。

受講前に比べて受講後の幸福度や気分が良くなったことについては、笑いの効果があるのか?と納得できそうな気もしますが、血圧や心拍数が低下したことについては、プログラム最後に行う5分間のリラクゼーションの影響も考えられますので、笑い単独の効果というよりもむしろ、笑いを用いたプログラム全体により効果があったと考えていただくと良いのではないかと思います。


今回紹介した論文です。
Laughter yoga activities for older people living in residential aged care homes: A feasibility study.
Ellis JM et al., Australas J Ageing. 2017 in press.
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。