FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑うことでストレスに強くなる!?~「笑うラット」の実験より~

2017.08.16
おはようございます!笑いヨガリーダーりえです。

毎日継続的に笑うことで、恐怖の記憶が薄らぎ、ストレス反応が緩和されるのでは!?

ラットに毎日笑いの刺激を与え、継続的な笑いの効果を調べた研究報告がありました(Neuroscience Letter. (2013); 536: 85-89)。
自ら笑う動物はヒトと一部のサル(ゴリラやチンパンジーなど)に限られるといわれています。ラットは自ら笑いませんが、くすぐられると、「快」の感情を表すある周波数の鳴き声を発するそうで、これは、兄弟たちとじゃれあって遊んでいるときと同じ周波数です。この研究では、この鳴き声を「笑っている」とみなしました。
まず、生まれて間もないラットを母親や兄弟から引き離して1匹だけで飼育したのです。このような「孤独ラット」はストレスに対して、非常に敏感になります。
次に、「孤独ラット」を2群に分けました。一方はそのまま飼育し、もう一方は、毎日5分間、お腹をこちょこちょとくすぐる刺激を与えて、笑わせることを14日間続けました。
14日後、ラットに恐怖心を植え付ける実験をしました。ある音がなると、床に電気が走るようにして、痛い刺激を与えます。これを繰り返すと、ラットは音が鳴っただけで恐怖を覚え、すくんでしまいます。
ところが、くすぐり刺激を継続的に与えられた「笑うラット」はそうでないラットに比べて、音が鳴っても恐怖ですくむ回数が明らかに少なかったのです。
ラットが恐怖ですくんでいることは、人間に置き換えると恐怖でストレスを受けている状況と似ています。心理学用語でレジリエンスという言葉がありますが、これはストレスによる歪みから復元・回復する力を意味します。
この「笑うラット」の実験から、人間も継続的に笑うことがレジリエンスの強化に役立つように思いました!

みなさま今日も笑って楽しい1日でありますように。
最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。